校章

飯田市立上久堅小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2611 飯田市上久堅1995-4 TEL 0265-29-7004 FAX 0265-29-7905

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘H29年度 児童会’ カテゴリーのアーカイブ

心のこもった ”6年生を送る会” ができました

本年度も、とうとうこの時がやってきました。一年間、上久堅小学校のリーダーとして頑張ってきてくれた6年生に、感謝の気持ちを表そうと、新リーダーの5年生が音頭をとって「6年生を送る会」を開催してくれました。

各学年の心のこもった発表に、6年生のみなさんは、笑ったり驚いたり、毎回そうですが、楽しい会の最後は涙々の会となりました。

たくさんの思い出を残してくれた6年生のみなさんとのお別れはつらいですが、中学生になっても頑張ってほしいというみんなの思いを伝えることができました。

ページの先頭にもどる

児童総会で引き継ぎがありました

本年度、最後の児童総会がありました。前半は、6年生の役員が前に出て、後期児童会の反省をしました。議案書に対する意見や質問が紹介されたあと、来年度への方向が示されました。議案書が承認されると、後半は、引き継ぎとなりました。新年度の役員が自己紹介をして、続いて児童会ファイルの引き渡しをしました。新年度は、6年生が4名しかいないので、5年生からも副委員長として役員が出ています。

新児童会長がめざすような上久堅小学校となるように、みんなで力を合わせて児童会活動を盛り上げていけるといいですね。

ページの先頭にもどる

久堅ギネスにみんなで挑戦!

今日は、この冬一番くらいの寒い朝でしたが、体育館に全校で集まって児童会で企画する「久堅ギネス」がありました。とっても寒かったですが、それぞれのコーナーを仲良し班で回って、種目に次々と挑戦していきました。

手がかじかんで、「豆つかみ移し」は、なかなか大変そうでしたが、やっている子は寒さを忘れて集中して取り組んでいました。「空き缶積み」は、10本のアルミカンを全て積み上げる子が何人もいて、びっくりしました。この他、「ボーリング」「的当て」「30秒ストップウォッチ止め」など、どの種目も楽しむことができました。さて、いったいだれが1番になったのでしょうか。

ページの先頭にもどる

図書委員による紙芝居を楽しむ子どもたち

今日は、20分の長い休み時間を使って、図書委員のみなさんが、紙芝居の会を企画してくれました。低学年を中心に、紙芝居を楽しみにしているお友達がいっぱい集まってくれたので、図書委員さんもうれしそうです。紙芝居を読む声にも力が入りました。紙芝居を楽しむことができて良かったですね。

ページの先頭にもどる

読書旬間で朝の図書館は大にぎわい!

読書旬間に入ってから、図書館へ本を借りに来るお友達が増えて来ました。週明けの今朝の図書館は、ご覧の通り。たくさんのお友達が図書館に来てくれて、図書委員の皆さんも大忙しで働いていました。こんな日が、毎日続いたらすごいですね。読書旬間ということで、いつもより大勢になったのかもしれません。忙しい毎日ですが、お家でも家族そろって読書をするような時間を作られるといいですね。

ページの先頭にもどる

クイズ大会で難問に挑戦!

放送委員会では、昼の放送で、ほぼ毎日1問ずつクイズを出してくれています。今日は特別に朝行事の時間を使って、体育館で全校が楽しむ「クイズ大会」を企画してくれました。大きな画用紙5枚に、1問ずつクイズの問題が書かれたものを、体育館の壁に貼ってありました。なかよし班ごとに、それらの貼ってある場所に移動し、写真にあるように班ごと協力して問題を解いていきます。

問題を書いた画用紙には、問題の難しさを表したレベルが書かれていました。例えば、「かんたん」「ちょうムズ」等と書かれていました。ところが、このレベルとはちがった反応を示すグループもあって、なかなか面白かったです。みんなで相談しながら答えを決めるので、そのときの考えこむ表情や、ひらめいたときの嬉しそうな表情が、とてもよかったです。

クイズ大会では、ご褒美として最後に、1年生の皆さんに折り紙のプレゼントがありました。みんなで楽しめてよかったです。放送委員会の皆さん、ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

ひさかた駅伝で盛り上がりました!

マラソン大会が終わってから、上久堅小学校では、「なかよしマラソン」ということをやっています。これは、縦割り班の「なかよし班」で集まって、朝マラソンの時間に、一緒にマラソンコースを走る活動です。「なかよしマラソン」は、「ひさかた駅伝」の練習にもなっています。「ひさかた駅伝」が近くなってくると、タスキをかけて走ったり、タスキをリレーする練習をしたりします。

その練習の成果を出す日が、とうとう来ました。なかよし班ごとに、まず準備運動をしました。みんな大きな声を出して、やる気満々でした。駅伝をする準備が整うと、いよいよ第一走者が並びました。走り始めると、みんな必死になって全力疾走。マラソンという感じではありません。応援する声も、すごく大きかったです。駅伝の楽しさを、みんなで体験することができました。

ページの先頭にもどる

晴れわたる秋空のもとで給食を!

雨模様の肌寒い天気が続いていましたが、みんなの願いが通じてか、晴れわたる秋空のもとで「秋空給食」が行われました。「秋空給食」は、児童会が企画する行事で、全校のみんなが花壇の前で給食をいただきます。なかよし班ごとに円くなって座り、お友達や先生と楽しくおしゃべりしながら、お友達のインタビューを聞きながら給食を楽しみました。天気が良すぎたので、頭や顔が、焼けるように暑かったですが、楽しい一時をみんなで過ごすことができました。

ページの先頭にもどる

前期から後期へ引き継ぎ児童総会がありました!

上久堅小学校の児童会は、前期と後期に分かれて活動をしています。けれども、6年生は8人しかいないので、4つの委員会で委員長と副委員長が交代します。つまり、8人全員が委員長を経験することになります。3年生から5年生までの子どもたちは、前期と後期でメンバーが入れ替わります。今日は、前期と後期の中間地点にあたる児童総会がありました。出された意見をもとに、後期の活動がさらに充実していくといいですね。

ページの先頭にもどる

力のこもる取り組み続いた相撲週間!

7月4日~7日は、上久堅小学校の相撲週間でした。これは、代表委員会が企画運営する児童集会の一つです。

音楽会が7月1日にありましたが、相撲の練習も6月の内から体育の時間に行ってきました。上久堅小学校には、立派な屋根付きの土俵があるので、少しくらいの雨なら土俵まで行き練習ができます。頭には安全のためにタオルを巻いて、腰には柔道の帯を巻いて廻しの代わりにしています。

取り組みは、班対抗の試合となります。5つの班があって、最初の3日間のトーナメント戦で、決勝戦に残る2つの班が決まります。相撲週間中は、土俵近くに本物の力士の幟旗が立てられ、保護者や地域の皆さんが応援に駆けつけてきてくださいます。行司も衣装が本格的ですね。

今年も熱戦が繰り広げられました。勝負がなかなかつかない長い取り組みや、同体で取り直しとなる取り組みも・・・。体の小さい子や、男子と戦う女の子が勝ったりすると、一段と盛り上がっていました。最後まであきらめない姿、礼儀正しい姿にも感動でした。応援する子ども達も、戦う両者に熱い声援を最後まで送っていました。素晴らしかったです。応援に駆けつけていただいた保護者や地域の皆様、ありがとうございました。

ページの先頭にもどる