校章

飯田市立上久堅小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2611 飯田市上久堅1995-4 TEL 0265-29-7004 FAX 0265-29-7905

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘H26年度 4学年’ カテゴリーのアーカイブ

卒業、おめでとう

空気の中にほのかな春の香りを感じられる今日、卒業証書授与式を行いました。

今年度は7名の6年生が、この上久堅小学校から巣立ちます。

 

270318①

上久堅小学校のリーダーとして頑張ってくれた6年生の入場です。

 

DSC_1587 DSC_1591 DSC_1606 DSC_1614 DSC_1622 DSC_1631 DSC_1646

 

ひとりひとり、校長先生から卒業証書を受け取り、見に来てくださった家族の方々の前で「感謝の言葉」を述べました。

270318②

途中、涙で声を詰まらせる場面がありながらも、全員が精一杯の自分の言葉で、家族に想いを伝えていました。

 

式の後半では、1・2年生と3・4・5年生からそれぞれ歌と言葉のプレゼントがありました。

270318③

涙を拭いながら、6年生へ最後の贈り物を一生懸命届けます。

 

 

式の最後には、退場する6年生を見送りながら、在校生のすすり泣く声が段々と大きくなっていきました。

DSC_1725

大きな余韻を残して、卒業証書授与式は幕を閉じました。

 

式を終え、学び舎を巣立つ6年生を、全校で花道を作ってお見送りします。

みんな口々に、「また遊んでね!」、「中学校でも頑張って!」、「今までありがとう!」と言葉を交わして、6年生と最後のお別れをしました。

270318④

 

卒業生も在校生もそれぞれの想いを胸に、今日を過ごしたことと思います。

その温かな気持ちを忘れずに、未来へ向かって歩んでいきましょう。

 

6年生の皆さん、ご卒業おめでとう!

DSC_1813

 

 

ページの先頭にもどる

3学期スタート!

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

さて、本校では今日から3学期が始まりました。

始業式では児童を代表して、2年生4名と、5年生1名の発表がありました。

「忘れ物をしない」

「勇気を出して発言する」

「発言を最後まで自信をもって言う」

「字をきれいに書く」

「物事を最後まであきらめない」

全員が、立派に3学期の目標を発表することができました。

270108①

校長先生のお話では、校長先生お手製の2種類のが紹介されました。

自分で物を作ることを通して、学ぶことが多くあります。

新たな発見や、完成した時の喜び。3学期はそれらを大切にできるといいですね。

 

そして放課後は校庭で、始業式で紹介された凧を揚げました。

270108②

これはとてもよく揚がる凧で、糸の長さは何と500メートル!上手に揚がれば、空の上で小さな小さな点になって、見えなくなってしまうほどだそうです。さあ、うまく揚がるでしょうか?

DSC_0011

 

今日は風が弱かったので、見えなくなるほど高くは揚がりませんでしたが、それでも十分楽しく凧揚げができました。

ベストコンディションの日を待って、再挑戦したいですね。

この凧のように、ぐんぐん伸びて、飛躍の1年にしましょう。

ページの先頭にもどる

日曜参観&共催講演会

日曜参観が行われました。

保護者の方が見に来てくださるということで、子どもたちは少し緊張した面持ちながらも、はりきって授業に臨んでいました。

261130

参観後には、阿智村にある満蒙開拓記念館の三沢さんを講師にお招きして、上久堅公民館・PTA・小学校の共催講演会を開催しました。

先日の校長講話で取り上げたように、テーマは「地域で向き合う満蒙開拓の歴史~むかしあった戦争のお話~」です。子どもたちにとってはやや難しい内容ですが、自分の住む地域のこととして、しっかりお話を聞くことができました。

DSC_9119

参観と講演会にお越しくださった皆様、講師を引き受けてくださった三沢さん、ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

走れ、上久堅っ子!

一段と寒くなってきましたね。

上久堅小の子どもたちはそんな寒さには負けません。

朝の時間に、毎年恒例の「ひさかた駅伝」を開催しました。

本校には、敷地内を走る1周400メートルのマラソンコースが設けられており、そのコースを、子どもたちは毎朝走って体力をつけています。

このひさかた駅伝では、全校が5つの縦割り班に分かれてひとり1周ずつコースを走り、たすきをつなぎました。

 

それぞれの班の1年生から、よーいドン!

DSC_8741

白熱する応援の声に押されるようにして、各班ごと、次の走者へと確実にたすきを渡していきます。

261128①

上級生に向けて次々とたすきがつながれ、そしてゴールイン!

261128②

 

最初は震えていた体も、いつの間にか温かくなっていました。

今まで積み重ねてきた練習の成果が発揮され、学年を超えた絆が深まったひさかた駅伝でした。

ページの先頭にもどる

お話の会

朝の時間に「お話の会」が開かれました。

お話の会というのは、先生や地域の方が、子どもたちに向けて本の読み聞かせをしてくれる会です。

1・2年生に落倉の佐伯さんが、3・4年生には中宮の後藤さんが、5・6年生には小川教頭先生がそれぞれ選んだ絵本を読んでくださいました。

工夫された読み聞かせとともにページが繰られると、子どもたちからは笑い声や感嘆の声があがっていました。

261126

子どもたちはこの会を、いつも楽しみにしています。

次のお話の会では、どんな本に出会えるかな?

読み聞かせボランティアに協力してくださった佐伯さん・後藤さん、ありがとうございました。

 

ページの先頭にもどる

中国に「上久堅村」があったこと。

今日の朝の活動は校長講話でした。

11月30日に予定されている、公民館・PTA・学校共催講演会のテーマでもある「満蒙開拓団」について、校長先生より導入のお話がありました。

 

かつての戦争の折、日本が占領した土地を開拓するために「満蒙開拓団」と呼ばれる農民が送られたこと…

中国には「上久堅村」があったこと…

満蒙開拓団には、上久堅地区の人々が多く含まれていたこと…

終戦が近づいた時、その開拓団がどうなったのかということ…

 

初めて知る史実に驚く声を上げつつ、子どもたちは真剣な表情で聞き入っていました。

261119

 

今月は「人権月間」です。この人権月間は、「誰もが人として大事に扱われなければならない」という考えを身につける期間でもあります。

満蒙開拓団のお話は、こうした考えにもつながる内容です。今回の校長講話を聞いて感じたことを、大切にしていきたいと思います。

ページの先頭にもどる

マラソン大会開催!

久しぶりの晴天の下、マラソン大会が行われました。

学校を出発して、低学年は1.8km、高学年は3.3kmのコースを走り、学校へ戻ってきます。

念入りな準備体操を終えて、高学年女子→男子、低学年女子→男子の順でスタート!

261118①

この日にむけて個人の目標を定め、長い距離を走る練習を重ねてきました。たくさんの保護者の方、地域の方に見守られながら、子どもたちは精一杯の力で上久堅を駆け抜けることができました。

また、先にゴールした児童が、後から来る児童にむけて懸命に声援を送る姿もあり、今日の天気のような、上久堅の子どもらしいさわやかな一場面でした。

261118②

子どもたちにとって、実りあるマラソン大会になりました。来年のマラソン大会も、今から楽しみです。

 

そして全員がゴールした後は、お待ちかねの焼き芋大会です。今年、子どもたちが学校の畑で育てたサツマイモを、用務員の森先生が用意した炭火でじっくり焼きました。

マラソン大会の応援に駆け付けてくださった、上久堅保育園の皆さんと一緒にいただきます!

261118③

 

自分たちで育てたサツマイモを食べる子どもたち、とても嬉しそうです。おなかいっぱいになったかな?

 

マラソン大会試走・当日のコース監視を引き受けてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

みんなの「頑張り」 ~その2~

6年生のクラスを対象にして、全校研究授業が行われました。

外部の先生と本校の職員が参観し、引き締まった空気の中で授業が始まります。昨日までに習ったことを使い、「駅を出発して、美術館・動物園・植物園を回って駅まで戻るのに、一番短い道のりを求める」という問題に取り組みました。

回る順番の組み合わせを調べるための樹形図の書き方を、一つの机に集まって相談する場面では、一人の発言に対して大きく頷いたり、話し合うことで図の書き方の見通しが持てたりする児童の様子が見られました。

261114①

この全校研究授業は、職員が研鑽を積む場となります。終了後には、授業の様子を振り返りながら、外部の先生からのご指導を受けて、有効な授業の手だてについて検討します。このように、日々の授業をよりよくして、子どもたちの学びの質を向上させられるように、上久堅小の職員も「頑張って」勉強しています。

 

その一方で、担任の先生が参観に行ってしまった他の学年は、この時間に自習をしています。

校舎内を歩いてみると、とても静か。教室を覗いてみても、鉛筆が走る音と、必要なことだけを話すための小さな声しか聞こえません。

1年生は、金曜日の午前中に来てくださっている北沢保美先生から、50マス計算について教わっていました。その他の学年も、プリントを解いたり、互いに分からない問題を教え合ったり、読書をしたり…。

「先生がいなくても、自分たちで頑張って勉強するぞ!」という子どもたちの声が聞こえてくるようです。

261114②

全校研究授業の裏で、素晴らしい自主学習の姿勢を見ることができました。

 

今日も、全校が「頑張った」一日でした。

ページの先頭にもどる

みんなの「頑張り」

「賞状を渡す会」が行われました。

数々の絵画・書道の展覧会や陸上やわんぱく相撲の大会などで優秀な成績を収めた児童へ届いた賞状を、校長先生がひとりひとりの名前を呼びながら授与しました。

261113①

子どもたちは緊張しながらも、どこか誇らしげな顔で受け取っていました。頑張りが認められるというのは嬉しいものですね。今回賞状がなかった子どもたちも、みんな一生懸命頑張りました。「賞状」という形にならなくても、その頑張りは必ず次に生きてくるはずです。

 

さて、頑張っていることをもう一つ紹介します。

6年生は算数の授業で「場合を順序よく整理して」という単元に取り組んでいます。これは中学校の数学で習う「確率」につながる単元です。

樹形図という図を用いて、何通りもの「場合」を整理して、答えを導きます。中学校につながる内容だけあって難しいことも多いのですが、前回までの授業を思い出しながら、意見を交換したり、問題を解いたりしています。

261113②

明日、そんな6年生のクラスを対象にして全校研究授業が行われます。外部から先生が参観にいらっしゃって、いつもとは違った雰囲気の授業になるため、子どもも先生も今からドキドキです!

 

ページの先頭にもどる

全校作業&矢高調理場の方々が来校!

季節が次第に冬へと向かっています。

今朝は全校作業で、落ち葉掃除と、学友林のメダカ小屋の掃除を行いました。

赤や黄色の落ち葉を協力して片付け、メダカ小屋を磨き、作業を終えた子どもたちからは、「綺麗になって嬉しい!」という声が聞こえてきました。学校もきっと喜んでいますね。

261110①

そして給食の時間には、矢高共同調理場の栄養士さんと調理員さん、給食を運ぶコンテナ車の運転手さんが来てくださいました。

1~3年生のクラスに分かれ、配膳する様子を見てくださり、一緒に給食を食べました。

261110②

矢高共同調理場の皆さん、いつも美味しい給食をありがとうございます。

ページの先頭にもどる